2015 Spring

地方で行われていた事業を首都での活動へ

2015年の春の渡航では、前半、2014年の夏にも訪問した東部のラウテム県で実施されている教育支援事業を視察しました。
2014年に訪問した際にHaLuzとしても教育支援に関わりたいという意向を話しており、その協議を行いました。
現地で事業を運営していた、方々との協議の結果、地方での事業の前にディリでプログラムを実施し、その後に地方で教育支援の事業を拡大させたらどうかとの意見をいただき、渡航後半部では首都ディリにおいて教育支援事業をはじめる準備を進めました。
首都では現地NGOと協力し、現地の子供たちになるべく低い価格で授業を提供できるようなプログラムを作り、現地での運営及び日本との連絡・報告などの方法を決めることで、次回の渡航までのどのように進めていくかを議論しました。授業ではトレーナーが用いる教材に加えて、iPadのアプリを用いて子供たちに主体的に学べる環境をしていけるように現地での準備を進めました。
また、夏以降に駐在員を派遣してトレーナーを育成することを視野に入れ、最終的には地方への拡大とそれによる教育格差の解決に貢献できるよう、次回以降もこの事業を進めていく流れを確認し、渡航期間を終えました。